クリスマスの由来

12月25日のクリスマスは、イエス・キリストの生誕を祝うキリスト教の記念日です。
クリスマスの起源には諸説ありますが、現在では一般的に古代ローマで冬至の日に行われていた「太陽神の誕生祭」や「農耕神への収穫祭」が、後にイエス・キリストの生誕祭と結びついたといわれています。

クリスマス (Christmas) の語源は、キリスト (Christ) のミサ (mas) にあります。ちなみに Xmas の X は、キリスト (Christ) をギリシア語で表記した Χριστος の頭文字です。